まぶりなの怠惰な日常

せっちゃん、お誕生日おめでとうございます💕

☆斉藤和義TOUR 2021@大阪オリックス劇場初日

斉藤和義
KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2021
“202020 & 55 STONES”

2021.7.5(月)
大阪オリックス劇場


1 BEHIND THE MASK
2 Strange man   
3 いつもの風景
4 純風
5 一緒なふたり
6 I want to be a cat
7 彼女
8 破れた傘にくちづけを
9 Lucky Cat Blues
10 魔法のオルゴール
11 木枯らし1号
12 2020 DIARY
13 レインダンス
14 シグナル
15 万事休す
16 シャーク
17 Room Number 999
18 ずっと好きだった
19 虹
20 歩いて帰ろう
21 Boy

1 ベリーベリーストロング
~アイネクライネ~
2 ぐるぐる

この日の座席は、1階後方の段を上がったところの上手通路側。
ここは座ったままでも、何も遮る物がないという何とも恵まれた席だったので、まったり座って鑑賞してた。

オープニングのBEHIND THE MASKが心地いい。

3曲終わってMC。
「延期になって、ほぼ1年後になったけど、皆さんチケットずっと持っててくれたんですね。」って言ってくれた。
あとは、自作ギターのお披露目。自分で作ったから可愛いけど、買うか?と訊かれたら買わないってw
コリコリした音になってるらしい。

「一緒なふたり」からの「I want be a cat」の流れも好き。
盲導犬のCMのアニメも好きなので、私の中ではここの流れは犬→猫と変換されてる。

「彼女」は前半のハイライトだよね。松ジュンさんのピアノ始まりのアレンジが、とても綺麗。

10曲終わっていつもの換気タイム。
換気タイム明けの曲が、せマカ松の3人なので、ヒロさんと平里さんは一旦退場。
真壁くんは、前日は京都でYUKIちゃんのサポートだったそう。
せっちゃんが言うには、コロナの影響で、打ち上げもなく終演後はホテルの部屋でお弁当を食べながらテレビを観て過ごしてるそう。
ちょっと前までステージで頑張ってたのになってw
確かに、すごいギャップだな。
今は55だから、それでもいいけど30代だったら我慢出来ないと思うって言ってたw
あとは、オリックス劇場にキングと二人で、外タレを観に来た時のことを話してた。
ただ今となっては、誰のライブだったか思い出せないってww
おじさんだったことは覚えてるらしい。
松ジュンさんが葛飾区出身だと紹介し、大阪で言うと西成みたいなとこだよね。スリリングな街ですってwそうなの?下町ってイメージだけど。

15曲目の「万事休す」はこの日も即興スタートだったけど、その前に、せっちゃんがギターマガジンの企画で先生と共に作ったギターについて話し、その時にネック部分を削るのに使ったブーメラン状の鉋(かんな)の名前が、マメクリ鉋と言うらしい。意味深、そして嬉し気に話した後、せっちゃんはヒロさんに「マメクリ鉋ぽい音で弾いて。」と無茶ぶりww
困惑しながらも、キュイキュイ弾き出すヒロさんww
それに合わせて即興スタート!

次の「シャーク」も楽しかった。
で、ここまで座って観てたけど「Room Number 999」で立ち上がろうかと一瞬思ったものの、あまりに視界良好なので、まいっかーと着席続行。

19曲目の前に、せっちゃんがハンドマイクで話しながら、ステージを下手上手と歩き出した。
ステージには、白いテープが貼ってあり、そこから前には行かないように言われてるとか。
でも、「なるべく近くまで」と言いながらステージを端から端まで歩いてくれた。
せっちゃんに注目してる間に、松ジュンさんがギターを持ってスタンバイしてたので、え?何やるんだろ?「上を向いて歩こう」だよね?と思ってたら、馴染みのあるイントロを弾き出した。
虹ー!!!
そして、せっちゃんは何とそのままハンドマイクで歌い出したww
ギターを持たないせっちゃんが、珍しすぎて違和感半端ないんですけどww
そして、せっちゃん可愛いー
ここまで、まったり座って観てたけど、これは立ち上がったわ。
虹はテンション上がる曲。
大好き。楽しかったー
これ、今日も聴けるかな?それともここ日替わり枠?

「歩いて帰ろう」「Boy」で本編終了。

アンコールは、ベリベリでスタート。
今日はここも変わるかな?2daysなので色々楽しみ。

ラストの「ぐるぐる」で和みつつ終了。
楽しかったー
やっぱり、せっちゃんの声が好き。
ギターが好き。
自然に身体に入ってくる。
今日も楽しませて頂きます!