まぶりなの怠惰な日常

せっちゃん、お誕生日おめでとうございます💕

☆ヤプーズの不審な行動’93

 
                     YAPOOS
             ヤプーズの不審な行動’93
            1993年8月30日(月) W'OHOL
                 整理番号18番
 
 
 ライブハウス続きのヤプーズです。今回は、2列目中央確保。
 
 オープニングは、「テーマ」 純ちゃんは、白山で7万円で作ったという茶色の大きな丸型のサングラスをして
 
 黒の薄い布地で出来た帽子を被り、髪はソバージュ。そしてベージュのノースリーブのワンピースの下に
 
 黒のロングスカート。アクセサリーは、たくさん重ね着けしてました。
 
 2曲目に「フリートーキング」を持ってきましたよ。この曲はいつもスイッチが入ってしまい、じっと出来ません。
 
 東京は、9月3日、4日と2日あるので、アコースティックの日と打ち込みの日に分かれてるそうですが、
 
 大阪は、この日1日のみなので、両方を凝縮して披露してくれました。
 
 まずは、アコースティックコーナー。久しぶりの「無題」は、純ちゃんの高音が伸びる伸びる。
 
 「コンドルが飛んでくる」も「森の人々」もすごく良かったです。
 
 そして、「この曲をアコースティックでやってしまいます。」と「12階の一番奥」ですよ。
 
 メリィさんのアコーディオンに新井田さんのパーカッション。中ちゃんはマンドリン。コウさんはアコギ。
 
 続いて、打ち込みコーナー。
 
 「この曲はとっても可愛い曲です。」と言い、純ちゃんは、髪をふたつに結び始めました。
 
 片方を結んだところで、中ちゃんがなんか変だぞ!と気付き「次、違うよ。」って。
 
 純ちゃんは次が「ミステリアス・ガイ」と思ってたみたいだけど、曲順では「赤い戦車」だったようですw
 
 「なんだ。全然可愛くないのー。」ってww 確かに赤い戦車は可愛い曲ではないですね。名曲ですが。
 
 でも、赤い戦車は、新幹線の中で純ちゃんが今日やりたいとメンバーに提案したそうです。
 
 この後、黒のロングスカートを脱いでベージュのワンピだけになった純ちゃん。
 
 着替えてる姿がエロティックで見ててドキドキしました。
 
 そしてここでようやく髪をふたつに結び、「ミステリアス・ガイ」へと。
 
 うんうん。これは可愛い曲です。純ちゃんの振り付けも可愛い。
 
 肉屋やバーバラはこの日も安定の盛り上がり。
 
 思い切り踊りたかったけど、この日は恐ろしく押しが強く縦ノリだけで精一杯でした。
 
 バーバラでは再び髪をほどいて歌ってた純ちゃんでした。
 
 そして純ちゃんが「残り3曲続けて行きます!」と言ったら観客一斉に「えーっ!!」
 
 これに対し純ちゃんは「本編の残りが3曲です。」なんてわざわざ言ってました。
 
 供述書からレーダーマンの流れは緊張しました。歌いだしの「レーダーマン♪」で一気にブチギレます。
 
 そしてラストは昆虫軍。
 
 アンコール1曲目は、私の大好きな「踊れない」 この日の純ちゃんの歌い方可愛かったです。
 
 サビの合間に「キャッ」って声を入れてたのが、すごく可愛かったんです。(伝わらないね^^;)
 
 2曲目は、パンク蛹化の女。純ちゃんのシャウト、コウさんのギター、全て決まってました。
 
 この日のライブは、言う事なし!最高!ヤプーズのバンドとしての素晴らしさを思い知った夜でした。
 
 
 テーマ(オープニング)
 フリートーキング
 私は好奇心の強い女
 
 【アコースティックコーナー】
 無題
 コンドルが飛んでくる
 森の人々
 12階の一番奥
 
 【打ち込みコーナー】
 赤い戦車
 ミステリアス・ガイ
 君の代
 
 ヒステリヤ
 肉屋のように
 NOT DEAD LUNA
 アンチ・アンニュイ
 バーバラ・セクサロイド
 供述書によれば
 レーダーマン
 昆虫軍(本編ラスト)
 
 【アンコール】
 踊れない
 パンク蛹化の女