まぶりなの怠惰な日常

GRAPEVINE@名古屋楽しかったー

吉祥寺の朝日奈くん

    
               吉祥寺の朝日奈くん
               2012年2月1日(水)
 
 久しぶりにテアトル梅田で観てきました。
 
 中田永一の原作を先に読んでたのと、主題歌がせっちゃんの「空に星が綺麗~悲しい吉祥寺~」
 
 ということもあり、楽しみにしてた映画です。
 
 主人公の朝日奈くんを桐山漣、ヒロインを星野真里、朝日奈くんの先輩を要潤が演じています。
 
 最初、桐山漣の朝日奈くんってどうなんだろ?と思ってましたが、
 
 優柔不断で小心者で無駄にイケメン。
 
 でも、本当は優しくてまっすぐな朝日奈くんのイメージそのものをちゃんと演じてて感心しました。
 
 ストーリーは、一見、主人公が人妻に淡い恋心を抱く恋愛物語だけど、中田永一の原作だけあって
 
 そのまま単純には終わりません。
 
 ちょっと切なく概ねほんわか。
 
 二人が川の上流を辿っていくシーンが好き。
 
 どこまでも本当は行きたいのだけど、いつも途中で引き返すのが
 
 無闇に感情のままに進めない二人の関係と重ねられます。
 
 ラスト、本当にいいタイミングで「空に星が綺麗」が流れ出します。
 
 せっちゃんの優しい歌声で、朝日奈くんの未来が明るいものであることが予想できます。