まぶりなの怠惰な日常

今年もライブに行けますように!

よみうり芦屋読書サロン

ゲスト 三浦しをん 9月30日

エッセイは刺身 小説は納豆
エッセイは瞬発力 小説は取り込んだものを発酵させる

全ての創作物(小説、映画、音楽等)は、どこかしら満たされない思いを抱いてる人の為のもの。
自分もそういう人に向けて書いてる。

神去なあなあで取材した三重県尾鷲で林業を営んでる人達とは、今も付き合いが続いていて飲み会に呼んでもらう仲らしい。

男性を主人公にする時は、ストーリーがはっきりしていて明るい物語が多く、女性を主人公にする時は、もっと内面のドロドロしたものを書く時。

短編に於いて、冒頭の数行は掴みなので、如何に読者を引き込むか。ラストの数行は、キレがよくて尚且つきらめきがあるように心がけている。

新作「あの家で暮らす四人の女」について
「三人称神の視点」谷崎潤一郎がよく使う手法。本作ではそれを用いた。細雪へのオマージュ的な作品。

まっすぐ帰るつもりだったのに、あまりにしをんさんのトークが楽しかったので、名残惜しくなってしまいサイン会に並んだ。
本当は、新刊のあの家で暮らす四人の女が欲しかったんだけど、売り切れてたので、大好きなまほろ駅前狂想曲を購入して、サインを貰いました。