まぶりなの怠惰な日常

GRAPEVINE@名古屋楽しかったー

ドラゴン・タトゥーの女

 
             ドラゴン・タトゥーの女
             2012年2月15日(水)
 
 
 
 舞台は真冬のスウェーデン
 
 訴訟を起こされ表舞台から失脚しかけていたジャーナリストのミカエルの元に奇妙な依頼が舞い込む・・・
 
 40年も昔に行方知れずとなり、おそらく殺害されたであろう富豪一族の娘。
 
 彼女を殺した犯人を探し出して欲しいとの依頼・・・
 
 もうね・・・この設定だけでかなり興味深いです!!
 
 私の大好物な匂いがします。
 
 ストーリーも凝ってたしスピード感もあって、ラストまで駆け抜けるように惹き付けられました。
 
 中でも、ルーニー・マーラ演じるヒロインのリスベットの類を見ない魅力ったら!!
 
 パンクファッションに身を包み協調性の欠片もない、いわゆる変人。
 
 彼女に張られたレッテルは「異常」
 
 でも、実際は天才的なハッカーで優れた調査能力の持ち主。
 
 他者に傷つけられることの多い人生を歩んできた彼女は、防御のためにいつしか必要以上に
 
 攻撃的になってしまっていて痛々しくいじらしかったです。
 
 映画が面白かったので、原作を購入しました。読むのが楽しみ♪