まぶりなの怠惰な日常

今年もライブに行けますように!

「砂漠」 伊坂幸太郎

 同じ大学の友人5人の入学から卒業までの青春小説。イメージ 1

 タイトルから最初は、社会派の固い小説か?と思ったけど

 とにかく5人のキャラがユニークで笑いました。

 ストーリーの始めの方で、登場人物のひとり西嶋が

 「俺たちがその気になればね 砂漠に雪を降らすことだって

 余裕でできるんですよ。」

 って豪語するのですが、ラストまで読み終えると

 彼らならやるんじゃないか?って思えるのが不思議。

 余談・・・この西嶋、小太りで自分の考えを声高に主張する

 とてつもなくウザイタイプ。でも憎めない・・・可愛い。

 私は、西嶋がサンボ山口くんに思えて仕方なかったです~。(笑)