まぶりなの怠惰な日常

せっちゃん、お誕生日おめでとうございます💕

☆斉藤和義TOUR 2021@大阪フェスティバルホール初日

斉藤和義
KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2021
“202020 & 55 STONES”

2021.7.12(月)
大阪フェスティバルホール


1 BEHIND THE MASK
2 Strange man   
3 いつもの風景
4 純風
5 一緒なふたり
6 I want to be a cat
7 彼女
8 破れた傘にくちづけを
9 Lucky Cat Blues
10 魔法のオルゴール
11 木枯らし1号
12 2020 DIARY
13 レインダンス
14 シグナル
15 万事休す
16 シャーク
17 Room Number 999
18 ずっと好きだった
19 虹
20 歩いて帰ろう
21 Boy

1 寝ぼけた街に
2 I LOVE ME
3 ぐるぐる

先週のオリックス劇場2daysに続き、今週はフェスティバルホール2days。
まず初日。
この日の座席は、1階前方下手側端。視界良好。
先週も同じ辺りだったので、若干デジャヴ感が。
私の両隣が2席ずつ空席で、広々してた。

せっちゃんのスーツの中が、襟付きのシャツから白Tに戻ってた。
この白T、やけに身体にフィットしててスーツの中にはあまりよろしくない気がする。

この日は3曲目が「いつもの風景」

換気タイムのMCで、真壁くんがギターの前にピアノをやってたことを知った。
真壁くんが、オフの合間に五線紙を買いに行ってたという話から、譜面が読める読めないの話題になり、せっちゃんと松ジュンさんは読めず、真壁くんは読めるし書けるそう。
ギターの音階も、せっちゃんは指の形で位置を把握してるけど、真壁くんはドレミの位置で把握してるそう。
そこが先にピアノから入ってるからだと、せっちゃんは言ってたけど、そういうもんなんだねー

「梅雨も明けて夏が来るというのに全く関係ない曲です。」の紹介で
「木枯し1号」

19曲目の「虹」で、せっちゃんがスタンドからマイクを外すとドキドキする。
「ハンドマイクにしたからって、踊れる訳でもないので、ただこうやって歩き回るだけなんですけど。」と言いながら、ステージを下手上手と歩いてくれるせっちゃん。
十分です。歩いてくれるだけで十分。
苦手なハンドマイクで手持ち無沙汰なのも滅茶苦茶伝わるから、それだけで十分です。
そして、何と言っても面白いしww
この日もラストにコードを持ってマイクを回してたけど、何そのこぢんまりした回転はww
けん玉じゃないんだからww

MCで前日に天満橋の駅ビルに行った話をしてた。
(京阪シティモールかな?)
ユニクロとか本屋とかに行ったそうで、周りの人の会話が耳に入って、東堺まで行って高島屋でランチがどうのと聞こえたそうw
「東堺ってどこ?」と訊くせっちゃん。
せっちゃん、それは堺東だw
で、「歩いて帰ろう」で「どうすりゃいいの?東堺ー!!」ってww


アンコールで新曲披露してくれた。
「寝ぼけた街に」
Webで少しだけ公開されてて、フルで聴けるのはこの日が初!
というか、せっちゃん達もこの日のリハーサルで練習しただけって。
「いってみましょうか」と言ったものの「待って。ちょっと確認する」と止めてコードの確認を入念にするせっちゃんw
でも最終的に「間違えても誰もわかんないし」と開き直ってたw

次がぐるぐるで終了かな?と思ってたけど、ハーモニカ装着しないから違うのかなと思ってると
「I LOVE ME」
何気に久しぶりかも。

そして「ぐるぐる」で終了。

毎回捌ける時に、Tシャツを捲って「チクビーム」を披露してくれるせっちゃんの間違った方向のサービス精神が好き。

さて今日も楽しませてもらいます!