まぶりなの怠惰な日常

GRAPEVINE@名古屋楽しかったー

☆戸川純 avec おおくぼけい@心斎橋JANUS

戸川純 avec おおくぼけい

CD発売記念ライヴ 大阪篇

2019.2.22(金)心斎橋JANUS

 

【第一部】

1 ピアノソロ

2 蛹化の女

3 本能の少女

4 王様の牢屋

5 愛の讃歌

6 サン・トワ・マミー

7 ヒステリヤ

8 ハスラーズ・タンゴ

【第二部】

1 ピアノソロ

2 クレオパトラの涙

3 諦念プシガンガ

4 蘇州夜曲

5 玉姫様

6 プリシラ

7 肉屋のように

【アンコール】

1 バージンブルース

2 さよならをおしえて

 

お二人のユニットを、ずっと観たいと思っていたので念願叶いました!!

けい様のピアノを弾く指先もバッチリ見え、更に純ちゃんの歌うお姿もバッチリ見えるというベストポジションを瞬時に判断し、確保した自分を褒めてやりたいww

 

先にけい様が登場されピアノソロを弾き始め、その途中に純ちゃん登場。

蛹化の女が始まる。

ピアノの旋律に乗って歌われる蛹化の女、とても沁みました。

なのに、ブレスの位置を間違えたと後で謝る純ちゃん。

更に、けい様が2曲目のイントロを弾き始めたのと被って話し始めてしまい、楽屋での会話は小気味よい程弾んでいたのに、ステージでは何?この噛み合わなさは?と嘆くお二人ww

 

本能の少女は、けい様のピアノが圧巻でした。

指と言わず拳、更に肘まで使っての奏法でした。

 

愛の讃歌が、なかなか納得のいくように歌えないと言って、歌う前に緊張してた純ちゃんでしたが、すごくすごく良かったです!!

 

サン・トワ・マミーは、悲しい別れの歌詞なのにメロディーは軽快で合ってないだろ?と思うけど、そこが余計に切ない感じがすると話す純ちゃんでした。

 

ファンから「純ちゃんと呼んでいいですか?」と、たまに訊かれることがあるそう。

年齢からして、純ちゃんと呼んでとも言いづらいけど、高田純次も純ちゃんと呼ばれてるなら(私も)いいかな?ってw

言いに決まってます!!

その流れで、「次は、純ちゃんが作った曲だい!」と言ってヒステリヤへ♪可愛い~

 

ハスラーズ・タンゴのカバーも新鮮で良かったです。

ここで第一部は終了。

 

蘇州夜曲は、歌詞に春が出てくるので季節の曲の枠で歌ってくれたようです。

素敵でした~

 

玉姫様を歌う前に、「昔は、暴れたりして腰に悪いパフォーマンスをして歌ってましたが、今は普通に歌います。大人だし。」って。

そして、玉姫様とピアノの相性が想像以上に良くて素敵でした。

 

MCしつつ、おもむろにパフを取り出して化粧直しする純ちゃんが可愛くてw

 

プリシラも最高でした。ライブで聴くの本当に久しぶり。

ゴルゴダ以来と思います。

 

声が荒れようが気にすることなく歌えるようにと、ラストに持ってきた肉屋のように。

緊張感漂うけい様のピアノのイントロに純ちゃんの朗読が重なり、ドキドキしながら聴きました。かっこよかったー

 

アンコールに程なく登場してくれて、2曲聴かせてくれました。

「大阪ラブ」って純ちゃんが言ってくれて、とても嬉しかったです。

是非また関西にもお二人で来てくださいね。

 

と書いてますが、ちゃんとその後来てくれました!

感想書くの遅すぎ・・・